外食事業 レストラン

コンセプト

全ての事業はサービス業であり、そのサービス業は人材によって形成される。
『人は宝』との思想に基づき、ホスピタリティの導入にて、シニアにとっての理想の住まいを追及し、単なるサービスを提供するという考えではなく、それに伴ってくる食環境に充実・入居様のライフステージに合わせ毎日を自由に有意義に過ごせる広大な空間ではなくてはならないものと認識しております。
そしてそれらの充実こそが私たちの目指す
『ずっといっしょの安心・みんなのよかった!心のゆとりこそ・・・』
がサービスに繋がると考えています。

※ ホスピタリティ・・・『思いやり』『心からのおもてなし』

レストランの料理は、世界料理オリンピックルクセンブルク大会にて個人銀賞受賞の弊社顧問により指導、及び元オリエンタルホテルの料理人を擁し、且つ、専門栄養士が栄養バランスを考え栄養管理を行います。


衛生管理

レストラン運営業務安全・安心を第一に

衛生教育

各場所(事務職・調理師・栄養士・営業・管理等)で定期指導を行い、「意識と知識」を向上させるよう徹底しています。
また、個人衛生・現場衛生・食品衛生がマンネリ化しないように絶えず注意喚起を行なっております。

現場衛生

現場での衛生管理では、マニュアルの遵守と共に、もっとも基本である「5S」を、徹底させています。
安全で安心して召し上がっていただける食事の提供を行います。

5S活動
  1. 整理・・・必要・不必要を区別し、物の流れが停滞しないように管理する。
  2. 整頓・・・相互汚染・使用間違・品質劣化を防止するため、物の表示、保管場所の特定、明示をする。
  3. 清掃・・・ゴミ・汚れをなくし、異物混入のないようにする。
  4. 清潔・・・絶えずきれいな状態にし、保清管理する。
  5. 躾・・・決められたことは遵守する。食品衛生責任者の配置。